アジア

フルードパワーセーフティーのグローバルリーダー

ミシガン州ファーンデールに本社を置くロスは、空気圧バルブ、制御システムの設計・製造を行っており、流体動力安全ソリューションとポペットバルブ技術におけるグローバルリーダーとして世界的に認められています。ロスは標準品とカスタマイズ品を提供しています。

ロスは、アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、日本、中国、ブラジル、インド、カナダにある製造・販売施設を通じて、世界中のOEMメーカーやエンドユーザーに販売し、在庫を持つ代理店のネットワークにより、真のグローバルカスタマーサービスを提供しています。

ファミリー企業で、グローバル企業
コアバリューと企業文化に基づく

倫理観と誠実さ

倫理と誠実さは、私たちが行うすべての活動の中心にあります。 私たちはルールを守り、お客様、サプライヤー、そして従業員との間に永続的な関係を築きます。 ロスファミリーは互いに信頼し合い、説明責任はロスの強力な強みとなっています。


私たちのフォーカス

私たちは、「アウトサイド・イン・アプローチ」を重視しています。なぜなら、私たちの成功はお客様の成功によって決まると考えているからです。私たちは、ステークホルダーのために機敏に行動できることに誇りをもっています。


安全性と品質

安全性と品質は、産業用安全製品における革新の長い歴史に代表されるように、私たちの評判を築く基盤です。私たちは、フルードパワーの安全技術の世界的リーダーであり、その使命の重要性を信じています。


情熱

私たちのエネルギーは、新しい市場の開拓、新技術の開発、新製品の導入、プロセスの改善へと向かわせますが、これらはすべて、規律ある指標に基づいた枠組みの中で行われます。


私たちの人材

私たちは、優れた人材を惹きつけ、維持し、社員が成果を上げ、それが評価されるような環境を提供することに努めています。 私たちは、チームワークを第一に考え、創造力を発揮できる社員が、お客様に最高のソリューションと最高の価値を提供できることを理解しています。


持続可能性

ROSS Controls は、環境、社会、ガバナンス (ESG) の原則に取り組んでおり、これらの分野に対処するためにグローバル組織全体で重要な対策を実施しています。 ROSS の ESG イニシアチブは、コア バリューと行動規範という 2 つの基本的な柱に基づいています。

ROSS 100年歴史年表

1921

  • 7月1日、ミシガン州デトロイトでROSS OPERATING VALVE COMPANYが設立される。1923年、最初の施設が6488 Epworth Streetに設置される。社名は、創業のきっかけとなったバルブの発明者であるチャールズ A. ロスに由来しています。
  • セントクレア・キャメロンは、設立間もないバルブ会社の最初の投資家でした。現在では、彼の孫やひ孫が株主として、家族経営企業のビジョンと豊かな伝統を受け継いでいます。

1924

  • 3月11日、米国特許1,486,303号(4ポート空気圧レバーバルブ)が発行され、ROSSの革新的デザインの遺産が始まる。この特許は、今後数十年の間に発行される120以上の特許の最初のものである。
  • ロスは、特に過酷な用途において、頑丈で信頼性の高いバルブ性能で、多くの産業界で確固たる地位を築き続ける。
  • オリジナルのレバーバルブのバリエーションが開発され、垂直ハンドル、スプリングリターン、ディテントロック、ノンロックの各モデルが発表されました。

1932

  • 独立系ディストリビューターとの関係構築による事業拡大という重要な戦略的決断を下す。

1934

  • 革新的な製品開発が続けられ、2ウェイ、3ウェイ、4ウェイ機能を持つ初のソレノイド式バルブが登場。
  • ロスは「The Bridle for Air Horsepower」という企業スローガンを採用。
  • イギリスのウェルマン・スミス・オーウェン・エンジニアリング社とライセンス契約を結び、国際市場へ進出。

1941年~1945年

  • ロスバルブは「民主主義の兵器庫」の建設に欠かせない存在となり、製鉄所、プレス工場、溶接、組立ラインで使用されるようになる。
  • アメリカ海軍は、戦時中の活動や優先事項をサポートするためにロスを起用し、ロスは製品開発のリソースを戦争努力に向けます。ロスは、アメリカ軍艦の隔壁扉の操作に使用されるバルブなど、様々な新しい設計を行い、製造する。
  • 業界初のベースマウント式ポペットバルブを発表。

1951

  • 創業者St Clair Cameronの息子、Russell J. Cameronがロスの社長に就任。彼は3つのビジネス戦略を開始し、ロスを成長させ、業界をリードする道を歩む:
    • 製品ラインを拡大する。
    • 製品ラインナップの拡充。
    • 提供する産業の数と種類を増やす。

1953

  • 特許を取得したロスダブルバルブが導入され、プレス工場で働く人たちに画期的な安全性を提供する。これが、ロスの安全への取り組みの始まりです。

1956

  • 9月12日、ロスは100万個目のバルブを製造しました。このバルブは金メッキが施され、現在も世界本社に展示されています。

1959

  • 有名なPACER® Pilotが導入され、瞬く間に工業生産性の主力製品になる。

1960

  • ドイツ、フランクフルトにROSS Europa GmbHを設立し、ヨーロッパのほとんどの地域で代理店契約を結び、世界的な展開を図る。

1963

  • イタリアのミラノで開催された工業見本市で、Series 2500 L-G Monitored Double Valveを発表し、ロスはプレス安全における世界的なリーダーシップを強化します。
  • L-O-X®バルブとHSRツーハンドコントロールを発表し、安全性における業界のリーダーシップを強化。L-O-X®バルブは、作業員の安全性を高めるために特別に設計された最初のロックアウト/タグアウト・バルブです。この先見性のあるロス製品は、OSHAがロックアウト/タグアウトの安全要件を義務付ける数十年前に発売されています。

1964

  • ロスは27シリーズで使用されるロジックコントロールモジュールを発表し、産業用アプリケーションを拡大しました。

1971

  • ロスは創立50周年を記念して、新しくモダンなロゴを発表しました。新しいブランド戦略の一環として、ロスはバルブに今では有名なロスゴールドの塗装を開始。
  • ロスは斬新な3-on-1バルブシリーズを発表しました。シリーズ70(金属スプール)、シリーズ71(弾力性シールスプール)、シリーズ72(ポペット)は、同じベース/マニホールド上で交換可能です。

1972

  • ROSS Europa GmbHが正式にROSSの完全子会社となり、ドイツ、ランゲンに32,800平方フィートの新しい製造施設を設置。

1973

  • ロス・アジア株式会社が正式にROSSの100%子会社となり、日本の東京にオフィスを構えます。
  • ロスダブルバルブの新世代であるSeries 3500を発表。ロスはE-Pモニター(電空式)を導入し、モニター技術を拡大。

1977

  • ロスのTandem Flow SERPAR® Press Safety Valveが、ドイツのライプチヒ見本市で革新的なデザインとして権威あるゴールドメダル賞を受賞する。

1980

  • 新しいCロスFlowTM SERPAR® Press Safety Valveを発表。継続的な製品の改良と革新により、ロスの安全に対する継続的なコミットメントが確認されました。

1981

  • ロスは、ベースマウント・バルブのヨーロッパ規格であるISO 5599-1を採用した最初のアメリカ企業です。

1982

  • ロス・アジアは、相模原にある新しい大きな施設に移転しました。

1984

  • ROSS U.K. Ltd.がロスの完全子会社となり、イギリス、ミルトンキーンズで事業を開始。

1985

  • ジョージア州ラボニアにエンジニアリング・エクセレンス・センターを開設。

1986

  • ロスは、アプリケーションベースの顧客主導の迅速な製品開発プロセスであるロス/FLEX®を導入しました。

1991

  • ガラス容器産業用の電空比例弁を開発。

1993

  • ロスは、メカニカルスタンピングプレスで生産される部品の品質と生産性を向上させるカウンターバランス技術を導入。

1995

  • ROSS Operating Valve Companyとして75年の歴史を持つロスは、ROSS Controlsに社名を変更します。新しい名前は、電空ソリューションとROSS/FLEX®ソリューションの最適化アプリケーションを含む製品開発の進化を反映しています。

1997

  • ロスはEEZ-ON®機能を統合したL-O-X®を発表。この業界をリードするデザインは、ロックアウト/タグアウトの安全機能と空気圧回路の再通電段階での緩やかな圧力上昇を組み合わせています。

1998

  • ロスは、ダイナミックモニタリング機能を備えたCrossMirror®ダブルバルブファミリーを発表。

2000

  • ロスがインドに100%出資の子会社を設立。

2001

  • ブラジルに100%出資の子会社を設立。
  • フランスに全額出資の子会社を設立。

2005

  • ロスはPress Safetyの分野で業界をリードし続け、DM2バルブファミリーを発表しました。「ダイナミック・モニタリング&メモリー」(DM2)技術により、業界最高レベルの安全性を実現。

2006

  • ISO 13849:2006が発表され、機械安全が作業保護の業界標準となる。ロスは数十年にわたるPress Safetyの技術を新しい安全規格に適用。ロスのマシンセーフティ製品は、従来のプレスセーフティ製品のゴールド色と区別するために、イエロー色が採用されました。
  • 中国に100%出資の子会社を設立。

2009

  • ロスはDALE Industrialを買収し、ポペットバルブのオプションを高流量、リークテスト、リークタイト、プロセスアプリケーションに拡大する。

2011

  • デトロイトコイル社(DECCO®)を買収し、ソレノイドの技術力を強化。

2012年

  • ガラス容器産業におけるアフターマーケットの地位を強化するため、manufactIS GmbH (mIS)を設立。

2016

  • 北米での事業拡大を目指し、ROSS Canadaを設立。

2017

  • オートマチックバルブ社(ミシガン州ノビ)の産業部門を買収し、プロセス産業におけるマーケットポジションを拡大。
  • ロスはRockwellからElectroGuard®技術を取得し、安全ソリューションの提供を強化・拡大。
  • M35安全排気弁シリーズを発売。
  • ロスはRSe安全排気弁および安全戻り弁シリーズを発売。

2017年から2019年

  • ロスのセーフティバルブモニタリングが、内部のダブルバルブ同期から、センサーの使用とバルブ内の電子機器の追加に進化。

2018

  • ロスが安全性を油圧に拡大し、Block & StopおよびBlock & Bleedバルブシステムを発表。

2019

  • ロスはPneumatrol Ltd.を買収。(英国)を買収し、危険区域技術およびプロセス産業における市場ポジションを拡大します。
  • ロスはMCSE Safe Exhaust Valve Seriesを発売します。

2020

  • 酸素濃縮器用に世界最高水準のバルブを開発、導入し、医療業界への進出を果たし、新しい10年をスタート。

2021

  • ロスは創立100周年を迎え、今後もエキサイティングなニュースをお届けします!

ROSSで未来を変える

世界に足跡を残して、ROSS チームに参加してください。現在の雇用機会をご覧ください。

キャリア